初めて買うギターの選び方


あなたは、ギターをお持ちだろうか?
「ギターを買ってみたい」と憧れているだろうか。


買おうと思っているものの、なかなか一歩踏み出せない人もいるだろう。
ギターは決して安い買い物ではないから、「失敗したくない」と躊躇してしまう。

これからギターを始めようと思っているけれど、「弾けるまで練習を続けられるだろうか?」と不安を抱えてしまうこともある。

でも、声を大にして言いたい。
「少しでも気になっているなら、まずは一本ギターを買ってみて!」と。
ギターは間違いなく、人生に彩りをもたらしてくれる。



なぜギターを持つか?

きっかけはいろいろだと思う。正直、最初はなんだって構わないと思う。

・モテたい
・なんかカッコいい
・好きなアーティストの曲を弾けるようになりたい
・好きなギタリストと同じモデルのギターを持ちたい


でも、はっきり言っておこう。
ギターを買っても、モテることはない。

でも、それでいいと思う。
触っているうちに、ギターそのものに恋をしてしまうからだ。

それに、異性にはモテなくても、ギターという共通言語を通じて、かけがえのない友達と出会える可能性が広がる。
一緒にバンドを組んだり、SNS で同じギター初心者同士でつながったり…
仕事や学校だけでなんとなく終わってしまう毎日より、ちょっと素晴らしい景色がそこには広がっている。


そういう意味では、初めて買うギターは「とにかく直感に従って」チョイスすることを強くオススメしたい。

色、形、出る音…どれでもいいから、愛し抜けるポイントがあればいい(稲葉浩志は良いことしか言わない)。

出る音が気になるなら、楽器屋の店員さんに頼んで、実際アンプにつないで弾いてもらえばいい。
ギターがほとんど弾けない状態で、他のお客さんの聞こえる場所で試奏するのはかなりの勇気が必要だから。

大事なことは、「どういうジャンルの、どんなアーティストの曲を弾いてみたいのか」をしっかり店員さんに伝えることだ。
買ったあとにイメージしていた音が出なかったら、結構ツラい。


最もメジャーなタイプは、レスポールかストラトだと思う。
迷ったら、このどちらかを選べば間違いない。
もう少し詳しく言うと、ピックアップ(弦の振動を拾う場所)のタイプを正しく選ぶことが大切。

・バッチリ歪ませたり、芯の太くて甘い音を出したいなら…ハムバッカー
・そこそこ歪ませたり、クリーンできらびやかな音を出したいなら…シングルコイル

と言ったところ。
もっと細かくピックアップのタイプは分かれているので、あくまでも一つの目安だ。


最後に。
明確に憧れのギタリストがいるなら、思い切ってそのアーティストと同じタイプのギターを持とう。
シグネチャーモデルは結構高いが、強烈なモチベーションとなること請け合いだ。

場合によっては比較的安価なシグネチャーモデルもあったりするので、調べてみよう。

もし「どんなギターを選べばいいか迷っている」という方は、コメントなどでご質問いただければと思います。


P.S.
昔お世話になったINORAN モデルの写真。
実戦(ライブ)でもかなり使わせてもらっていた。
41847084_o2.jpg

この記事へのコメント

人気記事